読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついに、見つけた!

長かった・・・

 

ほんとに、長かった・・・

 

こんな商品が出てくるのを、どれだけ待ち望んでいたことか・・・ 

 

 

B+COM 00074311 オーディオミクスチャー2 BC-X02HP.jpg

 

 

これですよ、コレッ!!!

 

では、質問です。

私はこれを何をするときに使うつもりでしょう?

 

 

答えは「耳コピ」。

特にBoogie☆Ramblers(ブギー・ランブラーズ)の方では、新曲をコピーするのは一苦労。

今年のクリスマスライブでもこんな曲をコピーしてご披露する予定。

 

http://www.youtube.com/watch?v=MLjFP20kZ5o

 

 

この曲のブラス(金管木管)部分をアルトサックス(私)とテナーサックスの2管で演奏するのだが、この手の演奏をコピーするのは私にとって結構大変なのである・・・

私は「耳コピ」する時はヘッドホンを着用する。

左耳からは原曲を流し、右耳からは音録りするためのキーボードの音を鳴らす。

原曲を流す際、iPadのアプリ「mimiCOPY」を利用する。

これは文字通り「耳コピ」をするために作られたアプリで、曲のスピードやKeyの上げ下げ、繰り返し(どんなに短い1音でも可)に長けている。

そして、キーボードの方は言えば、以前はミニ鍵盤の付いたCASIOのキーボード(Keyが変えられるタイプ)を使用していたが、持ち運びには適していないし、電池の管理をするのも面倒くさい・・・ということで、最近はこれまたiPadのアプリでKeyの変えられるオルガンのアプリを使っている。

そう、つまりは2台のiPadを駆使しているのだ。

ま、これは仕事の兼ね合いもあり初代iPadと現行3代目を所有しているからできる技だ。

「mimiCOPY」もオルガンもアプリなので、両方を1台のiPadで操作することももちろん可能だが、繰り返す場所やスピードを頻繁に変えては再生するため、アプリの切り替えをしていては作業の効率がものすごく悪いのだ。

 

長くなったが、ここからが本題。

つまりは2つの音源(音の出る機材、ここでは2台のiPad)をまとめて出力できる機材を私は探し続けてきた。

端的に言えば、ミキサー。手のひらサイズの簡易ミキサーのようなイメージ。

そして、今日とうとう見つけたのです。

この機材はバイクに乗る方用のモノらしいが、そんなことはかまわない。

早速注文してみた。

 

 

後日、どういうものかご報告します。