読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暑中お見舞い申し上げます

多忙な7月が終わり、極暑真っ只中。


7月は「わさび」「BOOGIE☆RAMBLERS」とも1本づつライブをこなし、8月はブギーで1本とエレJAMがある。
エレJAMはいよいよ11日(日)が本番(予選)。
あまりにも曲が難しいため、最近は基本毎晩、会社で練習をしている。
仕事も忙しい時期に入っているため、時間のやりくりが大変。

 

そんな中、本日「ガンダム・オンライン」(以下ガンオン)はサービス開始以来初めての大型アップデートを迎える。
11時よりメンテナンスに入っており、予定では18時に完了するとのこと。
オンラインゲームの面白さの一つに、定期的に内容が更新されていくことが上げられる。
プレイステーションなどのゲームではあたり前だが、途中でマップが増えたり新しいキャラが追加になったりはしない。
しかしオンラインゲームは常に変化し続けていくのである。

今回の「ガンオン」のアップデートもかなり力を入れた内容となっている。
私は内容の良し悪しいづれにせよ楽しみにしているのだが、文句を言う輩は大勢いる。
「ガンオン」について情報や意見を交換するサイトがあり、そこではゲームを運営している会社に対する酷評が目に余る。


確かに、先月ひどい事件があった。
だいたい各月の頭にアップデートがあり、ジオンにも連邦にも新機体が発表される。
7月のジオンの新機体は「ゾゴック」と「ギャン」だった。
この「ゾゴック」という見た目は“1つ目の妖怪”にしか見えない機体の持つ武器があまりにも強かったのだ。
これらの新機体は課金してガチャを回さないと当たらない。
当然、ガチャを回しても運が良くなければ、いくら課金しても当らない。
でもネット上で「こいつは強い!!!」という話が出回り、それならば我も我もとガチャを回す人が出た。
ところがこいつの強さと言ったら半端なく、当然だが連邦サイドより運営に対して苦情が殺到した。
どうも過去例をみないほどの数だったらしく、新機体発表の翌日の夕方に緊急メンテナンスが入り、ゾゴックの仕様を変更し弱体化を図ったのだった。
もちろん、お金が絡んでいるため「ごめんなさい」だけで話が収拾するわけではなく、ゾゴックを引き当てた人に対しては様々な「お詫び」を配る事になったのだが、課金したけど当たらなかった人は「お詫び」の対象外ということで、何ももらえなかったのだ。

 

ま、こういうことも含めて私はオンラインゲームは人間臭くて、好きなのだ。
ちなみにこのゾゴック、弱体化しても強かったので本日のアップデートの際にさらに調整が入るとのこと。
私は下手くそなのでなかなか敵をやっつけることが出来ないが、このゾゴックに乗ると私でさえ結構ポイントを稼げる。
そう、私も頑張ってゾゴックを引き当てた組だったのです・・・