読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオリンベース マイナーチェンジ

ぐっちゃん

僕がギターの練習を始めたのは中学3年生から高校1年生になるとき。

 

中学3年生になってすぐにギターに興味を持ちましたが、高校受検があったので、両親の反対(受検が終わってからギターやったらどう?)もあり、ギターを買うこともできず、つまり、ギターの練習などできず・・・。

 

そんな中、うそみたいな話ですが、かまぼこ板に爪楊枝を張り付け、糸を張って、・・・いわゆるギターの1~3フレットを作ってコードの練習をしてました。

 

さだまさしさんの音楽に出会い、ギターが弾きたい!! と思い。

その直後、ビートルズに出会い、そのギター熱は本物になりました。

 

ちょうどその頃、ビートルズのアンソロジーというアルバムが発売されたと思います。

 

もう本当にそのときはポールマッカートニーが大好きでした。

プリーズプリーズミーとか、シーラブズユーとか、ビートルズのビデオを本当にビデオテープが擦り切れるほど観ましたわ。

 

そのときの僕の「ギター」は母の1メートルの長さの竹尺でした。

 

竹尺を持って、ポールの動きをモノマネしてました。

 

アコースティックやらエレキやらベースやら・・。

そんなこと何も関係無く、とにかく、ポールのモノマネをするために竹尺をバイオリンベースに見立てて、テレビ画面の前でポールになりきってました。

 

高校受検に合格した直後、ギターを始め・・・おじさんから借りたギターで一日中さだまさしさんの「精霊流し」を練習して、両親からそんなにがんばるならギターを買ってあげると言われ・・・アコースティックギターを買い。(ヤマハの35000円)

さだまさしを日夜コピー! 

1年後、エピフォンのカジノが喉から手が出るほど欲しかったのですが、そんな高価な楽器買えなかったでの、「エピフォンのセミアコ(のカタチ)」ということで、当時安く手に入るエピフォンのシェラトンⅡ(定価60000円)を買いました。

 

その後いろいろとギターやベースを購入しましたが、、バイオリンベースだけは買えず。。。

 

グレコのバイオリンベースはかなり心が揺れ動きましたが、結局僕はベース弾きではなく。

購入までには至りませんでした。

 

まあ、何が言いたいかと言うと、僕にとってバイオリンベースとは、本当に特別の存在なのですよ・・ということです。

 

そんな高校生の頃から憧れていたベースを年末に購入しまして。(安物ですが)

 

しかし、ポールが持ってるベースとボリュームのノブの種類が違う・・・。

安物やから仕方ないのですが・・・。

 

 

IMGP0316.JPG

 

黒色のノブから交換しました。

 

 

IMGP0323.JPG

 

ステキ~~~~~~!!!!