読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成26年(2014年)ありがとうございました。

image1.JPG
平成26年(2014年)も残り3日足らずとなりましたね。
皆様こんにちは(o^^o)

昨夜は恒例のわさび忘年会でした。
メンバー皆で今年を振り返り、楽しい一時を過ごしました。

ライブ動画撮影で、いつもお世話になっているM岸様も駆けつけて下さいました。
しかも先日の奈良ビバリーヒルズでのライブ映像まで持ってきて下さっていたので鑑賞会も出来ました。
M岸さん曰く「編集する時間がなかったので、ディレクターズノーカット版ですが〜」なんて仰ってましたが、どうしてどうして、2画面の豪華版だったのですよ〜♪

このM岸さんはじめ、ライブに足を運んで下さるお客様方、CDを聴いて下さるお客様方、演奏の場を提供して下さるライブハウスのスタッフの方々、録音技師様、また、素晴らしい共演バンドの方々…と、本当にいろいろな方々に支えられて、現在のわさびは在ります。

曲を作って詞を作って、アレンジを考えて演奏しているだけでは、けしてわさびは成り立ちません。
応援して下さる方々にお応えできるように、これからもメンバー一同頑張っていかなくてはと思っています。



実は、わさびライブでお知り合いになったあるお客様との永遠のお別れが、今年はありました。
ご病気を抱えておられて、わさびライブ直前までご入院されておられたと後から知りました。
とても音楽が好きな方でした。
難病をおして、楽器も練習されていたそうです。

また次のライブでお逢いできるものと当然のように思っていました。
もう二度とお逢いすることが出来ないと知った時、わたしは今まで受けたことのない衝撃を受けました。

あまりにも短い人生の、残り少ない「貴重」と呼ぶには軽すぎるほど大切な時間を割いて、あまつさえご病気の身体で、観て下さったライブは、あの方に満足していただくことは出来たのだろうか?
わたしは、もっともっと力を振り絞って楽しんでいただけるよう努力することが出来たのではないか?と。
もちろん、いつも一生懸命に歌って、詞を書いてきたつもりです。
適当にやったらええわ〜なんて思ったこともありません。
けれど本当にそうか?今目の前にいて下さるお客様やCDを聴いて下さるお客様に対して、もっともっと頑張れたのではないか?と思ってもいます。

昨夜、このお客様がライブを観て下さった感想を改めて関係者の方からおしえていただくことができました。
「とても楽しかった!また次も観に行きたい!」と仰っておられたそうです。

この一言で、わたしは救われました。
歌っていて良かったと、本当に良かったと思いました。



わたしに関わって下さった全ての皆様へ、今年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年も皆様にとって心穏やかな素晴らしい年になりますように。